永福町の美容室Unity 自然な縮毛矯正への取り組み

美容室/美容院/三鷹/吉祥寺/武蔵境/サーモセラピー/縮毛矯正/トリートメント/東京/口コミ

自然な縮毛矯正への取り組み

くせ毛を真っ直ぐにするのではなく、クセの無い毛が生えて来ているように矯正する。

w3.jpgよく「不自然な縮毛矯正」への不満として聞かれる代表的な理由は、
「ペッタリしてしまう」「伸びて来た時に四角くなって不自然」「毛先が真っ直ぐすぎて不自然」など
いかにも「真っ直ぐにしました」といった縮毛矯正が不満の原因になっています。
自然な矯正として一般的に言われているのはアイロンを使わずドライヤーを使ったブローによって
縮毛矯正する「ブロー矯正」と言われる技法です。
しかしこの技法は強いクセを伸ばしにくい、持ちが悪いなどの欠点も有る為、
Unityでは「ブロー+アイロン矯正」を取り入れています。
アイロン操作に独自の手法を取り入れ、頭の丸みを補正しつつ
ボリュームコントロールする事が可能となりました。


具体的なアブローチ

ペッタリしてしまう。

ペッタリしてしまう原因のほとんどがアイロン操作によるものです。
ただクセを伸ばす為にアイロンをしただけでは毛質やスタイルのよってはぺったりしてしまいます。
unityでは
1、根元のボリュームを無くさない特殊なアイロン操作
2、根元の薬剤パワーのコントロール 
3、クセや毛質による塗布や時間によるコントロール
などによって自然な仕上がりを作り出しています。
特にアイロン操作は一度見て頂ければ違いがわかると思います。

伸びて四角くなってしまう

これもよほどリッジのあるクセではない限りは原因はアイロン操作です。
頭の形を考えてクセを伸ばせば根元にクセが出ても境目は不自然になりにくいのです。
もう一つ毛量が多くクセが強い人に多いのは、軽くし過ぎてしまうケースです。
生えて来る毛のクセや量を計算してカットしないと伸びて来るととたんに不自然になってしまいます。

毛先が真っ直ぐすぎて不自然。

人によっては真っ直ぐなスタイルを望む方もいますが、
矯正をかけたての真っ直ぐさに不自然さを感じる方も多いようです。
これもアイロン操作で解消出来ます。
縮毛矯正のデザインに関するほとんどがアイロン操作などの
美容師側のテクニックや技量に依存します。