永福町の美容室Unity 薬剤へのこだわり

美容室/美容院/三鷹/吉祥寺/武蔵境/サーモセラピー/縮毛矯正/トリートメント/東京/口コミ

薬剤へのこだわり

縮毛矯正に使用する薬剤

Unityでは通常の美容院よりも多くの薬剤を取り扱っています。
その理由は薬剤ごとに適した髪質やダメージレベルなどが違う為です。現在は全てに対して優勢な薬剤は存在しないとの考えの基、最適な薬剤をチョイスするスタイルを選択しています。薬剤の開発状況などにより内容は変化します。

還元主剤(薬剤の特徴を最も顕著に表す成分) 
<チオ系>チオグリコール酸アンモニウム、チオグリコール酸ものエタノールアミン等
 特徴 高い還元力と汎用性の高い薬剤。特に縮毛矯正の薬剤などにはほとんど配合されている。アルカリ性で高い効果を持ち、PHによって効果が変化する為アルカリ剤とともに配合される事が多い。アルカリ薬剤の代表。
 良い点 パーマがしっかりかかる、強いクセも良く伸びる。
 悪い点 ダメージを引き起こしやすい。

<シス系>L-システィン、塩酸L-システィン。DL-システィン、N-アセチル-L-システィン等
 特徴 人毛をから得られるシスチンを還元して作られる。還元力は弱いがダメージが少ない。PHによってパワーの変化、フレーキングが起こる。アルカリ薬剤。
 良い点 薬剤によるダメージが少ない。柔らかい質感。
 悪い点 パワーが弱い。毛質によってアルカリ剤でのダメージが起こる。アルカリ性でないとフレーキングが起こりやすい(N-アセチル-L-システィン以外)

<システアミン系> システアミンHCL等
 特徴 特異な臭いを持つ特殊な薬剤。弱酸性〜アルカリ性まで広いPHで効果を発揮する。ダメージが少なく還元力もそこそこ高い。中性の薬剤の代表
 良い点 還元力がそこそこ高い、ダメージが少ない、弱酸性や中性でも効果を発揮する。ダメージ毛に使用しても過剰なダメージを与えにくい。チオやシスが苦手な毛質にも効果がある。
 悪い点 残臭がある。アルカリで使用するとそれなりにダメージが有る。
<<Unityの取り組み>>
残臭に対してはヘマチンでの対策+ポリフェノール、CD(シクロデキストリン)で消臭処理をしています。

<スピエラ系>ブチロラクトンチオール等
 特徴 特異な臭いを持つ特殊な薬剤。弱酸性での状態でも還元力が落ちないが、還元力は弱い。ダメージがとても少なく残臭も少ない。弱酸性薬剤の代表
 良い点 現在ある薬剤のなかで最もダメージが少ない。ダメージ毛にも比較的安心して使える。
 悪い点 還元力が弱く毛質や状態を選ぶ、薬剤塗布中は臭いが強い(残臭は少ない)

<チオグリセリン系>チオグリセリン
 特徴 臭いも無くダメージも少ない。中性〜アルカリまで幅広く使用出来る。還元力は中程度
 良い点 臭いが無い、ダメージが少ない、中性域でも効果を発揮、仕上がりが柔らかい。
 悪い点 強い癖は伸びにくい、やや使用にコツが必要。